寄付金控除について

国や施設などに寄付をした場合、確定申告の際に寄付金控除の申告をする事ができる、寄付金控除というものがあります。

例えば国や地方公共団体などに決められた一定の額以上の寄付をした事でてきようとなる控除です。

 

確定申告で寄付金控除の申請をすると、控除額は「実際に寄付した額」か「所得の40%に相当する額」のいずれか金額の低い方から5千円を差し引いた額となるため、寄付金の全額が控除の対象となるわけではありません。

 

また寄付金または所得の40%相当のいずれにしても5千円を差し引いた額が控除額になることから、5千円以上寄付した場合に適用される他、所得の40%相当の方が寄付金よりも額が小さくなれば、実際に寄付した額より控除額が少なくなる場合もあります。

 

かといって節税のための控除目的でわざわざ寄付する人もいないと思われますが、もし何かしらで寄付する機会があり、それが寄付金控除の対象となるのか否かについて適用金額がどれほどかを覚えておく程度で良いと思います。

 

そして確定申告で寄付金控除を受ける場合には、必要書類を提出し、寄付金の対象となる定められた機関などへの寄付として認められると寄付金控除を受けることができます

 

寄付金の対象について

寄付金の対象として認められているのは国で定めたものだけとなりますので、寄付金控除の対象となるのか否かについて判断が難しい場合には、最寄の市町村役場に問い合わせてみましょう。

 

このように、どこにでも寄付すれば寄付金控除が受けられるというわけではありませんので、自分が寄付した先が寄付金控除の対象となり得るのかどうかについて確認してから確定申告で寄付金控除の申告をするようにしましょう。

スポンサーリンク